2014年06月01日

しずおかガーデンに咲く花たち

しずおかガーデンでは築山やお茶畑のうねをモチーフにした刈り込みのかちっとした形に対して、周りにふわっとした草(スティパ テヌイッシマ)を使ってその質感の違いが際立つ様にしています。そしてその草の中に花々が点在して咲いているような、自然風で落ち着いた雰囲気の植栽を意図して作っています。
今回は現在お庭で咲いている花のうち、赤い花たちをご紹介します。

まずは、サントランサス ルブラ ‘コッキネウス’
オープンして間もない頃からずっと咲いている花期のとても長い宿根草です。
成長も早くて丈夫なおススメの植物です。
DSCN5412-blog.jpg

そして、ペンステモン ’ルビーレース’
渋めの深い赤色がとても品の良いオシャレな雰囲気の宿根草です。
DSCN5047-blog.jpg

最後が、アリウム ‘丹頂’
ネギやニラなどの仲間でその形はまさにネギ坊主ですが、頭が落ち着いた赤紫色になります。最近色づき始めました。こちらは球根植物です。
DSC_2233-blog.jpg
posted by アウトドアルームデザイン at 14:21| Comment(0) | 浜名湖花博2014